クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組み

 クレジットカードを使った事の無い人にとっては、クレジットカードってどんなお店で使えて、どういう風に支払うのかよく分からない部分もあると思います。そんなクレジットカードの仕組みをご説明します。

クレジットカード発行会社

 クレジットカードは元来、お金を持ち歩くのが嫌だというお金持ちのために、始められたサービスです。
クレジットとは“信用”という意味。信用があれば、買い物が出来るという便利さを売りにしたんですね。

 私たちがクレジットカードで買い物をすると、クレジットカード会社は私たちの代わりにお店に代金を払います。そして後日、私たちがクレジットカード会社に、カードを使った分お金を払うという構造になっています。

 クレジットカード会社は、年会費や分割払い手数料、リボ払い手数料で成り立っています。

クレジットカード加盟店

 それでは、クレジットカードはどこでも使えるのでしょうか?

 答えはNO。それぞれに提携している加盟店でのみ使えるようになっています。

 クレジットカードを発行する会社はたくさん存在しますが、それぞれが提携している加盟店の数には、大きな差があります。
そこで、加盟店数の少ないカード会社は、加盟店の多いカード会社と提携して利用者を獲得しています。

 世界的に加盟店を展開している会社は、大きく分けて5社あり、VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、JCB(ジェーシービー)、アメックス(アメリカン・エキスプレス)、ダイナースクラブがあります。

 大抵のクレジットカードは、上記の国際ブランドと提携してクレジットカードを発行しており、自社加盟店と提携国際ブランドの加盟店でクレジットカードを使う事ができます。
(ちなみに、国際ブランド会社も直接クレジットカードを発行しており、その場合は提携カード会社が無い自社ブランドのみのクレジットカードも存在します。)