クレジットカード裏面の署名って必要なの?

クレジットカード裏面の署名について

 クレジットカードにはそれぞれ、裏面に署名(サイン)記入欄があります。
各クレジットカード会社はこちらに署名の無いクレジットカードは使ってはいけないこととしていますが、正直なところ現在、日本で使う分には書いていなくても使えてしまいます。

 「じゃあ、書かなくてもいいね」ということではありません。

クレジットカード裏面の署名は、筆跡から本人かどうかを確認する意味も含まれています。
この裏面の署名によって、不正使用の抑制や早期発見にも繋がるのです。

 是非、ご自分でしっかりと署名しましょう。

海外では

 海外では、クレジットカード裏面の署名が無いカードは使う事ができません。
やはり、不正使用を警戒してのことです。

 日本の“ハンコ”と同じくらい海外では“サイン”が重要な意味を持ちます。
 海外によく出かける人は注意しましょう。

サインは日本語で書くの?

 さて、署名を日本語で書くべきか、アルファベットで書くべきかという事についてですが、実際決まりはありません。
 好きな方で書いてよいのです。

 ちなみに、管理者の私個人の意見としては、日本語で書く事をおすすめします。
 日本語は書きなれているので、自体が確立しています。いつもの書き方がありますよね。

 また、海外でも、漢字のマネって外国人からすると結構難しいんです。
これも不正利用の防止に繋がるのではないでしょうか?